仕事のデキる人って、
何が優れているかというと・・・
うまく“他人の手”を借りることができる!
あなたの“転職プロジェクト”
これも同じことですね!

忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。


頑張っているってことなんだと思います。

忙しくて転職活動に取り組めないという状況・・・これはあなたが仕事を頑張っている、ということなんだと思います。

まずはこの状況を肯定して歓迎もいいんじゃないでしょうか。

なぜならあなたは試されているんだと思います。
人生において、試されてる、勝負時だなって実感ができるほどに明確な状況ってあまりないと思うんです。大概は気がつくか気がつかないで過ぎ去ってしまう・・・後で振り返って「ああ、あの時だったんだな!神様、なんて意地悪!」。
チャンスの神様って前髪しか無いって言いますからね(ソンさんの逆?)。

以下、忙しくて転職活動に入っていけない場合の考え方、とうかステップ案です。

転職活動の考え方

まずはロードマップ(ゴールまでの全体像)を作りましょう。

相手があることなので「期限を明確にしろ!」とまでは言いませんが、極論すれば“定年後に転職しましょうか?”ではしかたがないわけですよね。まずはおおよその転職完了の期限を決めて、それまでにやらなければならないことをピックアップしてみましょう。

転職活動で、やることって、なに?

転職活動って、何をやればいいのか?
失礼な言い方かもしれませんが実際のところ、転職活動ってあんまり「すること」って無いんじゃないでしょうか
ひょっとして多くの転職希望者が転職活動について新卒の就活時のような、足で稼いで、紙媒体をくくり、SNSとネットを駆使して汗かきかきゼーゼーみたいなイメージを持っているんじゃないでしょうか。そもそも転職活動の場合は就活みたいに大っぴらには動けないので、足で稼ぐ、みたいなアクションもあり得ないですよね。

転職活動はやるべきことは婚活と似ていると思いますが、相手がある話なので、ネットを賢く使って“相性の良さそうなお相手”の候補を複数用意する、ということだと思います。あとはタイミングであったり、交渉次第であったり。

むかしは、まず紙媒体(求人広告)と求職者との奇跡的な出会いがあって初めて“物語”がスタート。新聞の求人広告、たまたまその日だけページが張り付いて見ないでめくってしまった、なんてことはあるわけで。
次はお見合い(面接)。書類の事前審査はあるにしても、いきなりなお見合い(面接)をしてもこれは言わば互いに“イチかバチか”ですよね。数をこなさなければ、いいお相手は互いに見つからない、ということになります。
というか、主導権が完全に求人元にあるという状況、これはちょっと恐いですが、かつてはこれがたり前でした。

いまはネット上には公開されないものも含めた求人情報はたっぷりあります。あなたにも選ぶ権利があります。そして、仲人役の転職エージェントやヘッドハンターも多数存在しているわけです。活字情報では伝わりきらない情報も、その仲人さん達が仕事としてしっかり伝えてくれる環境があるわけです。
これを使えば転職活動では、あまりやることはない、ということはお分かりいただけるでしょうか。

ただし、ひとつ大変かもしれないこのひとつには自分の職務経歴書づくりがあるかもしれません。でも転職にこればっかりは避けては通れません。大変だ〜、とは思わずに自分でしっかり作ることが基本です。雛形もあるのでまずはPCの前に座ること、時系列の職歴だけでも打ち始めること。

ただ後述しますが最近のwebを使った転職支援サービスは、職務経歴書もできるだけ容易に作れるような仕組みが用意されているので、こういったものを利用すると楽ですしクオリティも高まります。ロードマップのマス目を埋めるかのように提示されたフォームに記入していくだけで自分の職務経歴書が積み上がる、というサービスが提供されていますよ。


まずは、とにかく“1歩”を踏み出すこと!

転職したい、仕事を換えたい、と言っているだけでは、“1歩”にはなりません。0.9歩です。
たとえば3日続けて転職したいと願ったとして「 0.9×0.9×0.9 」。
これって“1歩”にはなりません。=0.729です。

目減りしちゃいましたね。何が目減りしたんでしょうか?

そう時間の経過の分です。
3日分、定年に近づいちゃったね〜、っていうか転職して報酬アップして遊びに行くんじゃなかったの?もう年取っちゃって足が不自由になっちゃったよ、ということですね。

日本人の気質として、きちんと積んで積んで的な志向があるのではと個人的に思っています。積むのではなく、ロードマップ上にある“マス目”を、埋められるものを埋められるときに埋める、多少穴が開いていてもいいじゃん、というスタンスでいいと思いますよ。「 1.0×1.1×1.1 」は1.21歩で小さいようでも確実に前進です。

具体的な転職活動の方向性

自分で求人情報を探す

いまはハローワーク上の求人もネットで検索できるようになっていますし、民間では会員登録が必要ですが、リクルートのような長年仕事の情報提供をビジネスとし、業界をリードしてきた企業のデータベースもあります。
リクナビNEXT
リクナビNEXTのサービス紹介によれば、リクナビNEXT内で掲載されている求人情報のうち9割近くはリクナビNEXTにのみに掲載されている情報だそうです。求人元の企業の立場にたてば、我が社の求人広告をまずどこに出そうか、と考えた場合にwebではやはり最大手のリクルートを押さえようと考えるのが普通じゃないでしょうか。

ただ、リクナビNEXTのような自分で求人情報を探すやり方は、やはり自分の時間を使うことになるので、忙しいあなたに向いている情報の探し方かといえば、すこし違う気もします
実際のところ、広告が掲載されると同時に、既存登録者との間でどんどんマッチングがスタートするので、あなたが見つけたタイミングですでに応募が締め切られているというようなことも少なく無いと思います。せっかくリサーチに使った時間が無駄になってしまう、ということもあるかもしれません。

第三者に求人情報を探してもらう、提案してもらう

忙しあなたに一番適した求人情報の探し方です。誰か第三者の“目利き”に求人情報を探してきてもらう、提案してもらう、というやり方があります。
あなたは、あなた自身の「転職というプロジェクト」の“プロジェクトリーダー”としてどっしり構え、配下のパートナーたちからの連絡を待てばいいだけです。むかしの刑事ドラマの“ボス”と同じです。
あなたは自分のサポート役である転職コンサルタントたちに、自分自身のスペックと要望を伝え、あとは連絡や情報を待ち、その都度ジャッジして指示すればいいのです。
“これで行こう!”となった時に初めてあなたが直々出動(面接)すればいいだけです。

おなじリクルートの転職支援サービスで、リクルートエージェントというサービスがあります。リクナビNEXTとは違って、リクルートエージェントはその名の通り転職活動の“代理人・仲介人”、転職エージェントとして活動してくれます。忙しいあたな自身が時間を捻出して転職先を探し出す必要も無くなるわけです。
リクルートエージェント
※もちろん会員登録は無料です。

ひとつデメリットがあるとすれば、やはり日本人の気質からいうと“代理人・仲介人”と直接交流が生まれることで主導権を握られるような気がしてしまったり、その情報や提案を断りたくなった時に断れない、というような不安もあると思います。そういう場合には少なくない事例ですが、みなさん往々にして音信不通になってしまったりします。逃げちゃうんですね。
転職エージェントと付き合う際には、不具合や違和感を感じたら、自分の思いや懸念点などを率直に伝えるという、ある意味ビジネスとしては普通のことを行うことが必要です。ということから、ビジネススキルをしっかり身に着けている人に向いているのが転職エージェントを使うというやり方です。

自分でも選びつつ、紹介されつつ、スカウトもされ

自分で主導権も持ちつつ、でも提案もお願いしたい、あるいはニーズが有ることを前提に、もう直接企業の中枢とやり取りしたい、といった志向のツワモノもいると思います。ご自身のキャリアに自身があり、現場レベルでなくマネジメントレベルで企業に変革をもたらせることができる、といった人材には、あれこれ手取り足取りなサービスはまどろっこしいというか邪魔でしょう。
そんな人にはビズリーチという会員制の求人情報サービスもあります。
ビズリーチ
※登録は無料でできますが、有料会員限定サービスもあります。

ビズリーチについてもう少し解説すると、会員に登録すると自分でデータベースにアクセスして求人情報を調べる事ができます。一方でビズリーチでは求人元の企業が直接スカウトメールを送ることができます。またヘッドハンターも多数登録しているので手持ちの求人情報にマッチする人材としてあなたに声を掛けることも可能となっています。
求人情報を集めるツールとしてはビズリーチは自分主導という意味でも使い勝手のよいサービスではないかと言えます。

ビズリーチの利用価値は、当然その求人情報の質と集める手法、マッチング手法にあるわけですが、もうひとつ注目すべきは職務経歴書の作成支援システムです。“レジュメビルダー”と呼ばれています。書き込みはもちろん自分でやらなければならないですが、必要な項目はフォームで用意されています。これを時間の有るときにひとつひとつ埋めておけば、完成に近づくことになります。
もし紙ベースの職務経歴書があれば、ビズリーチ側でwebへの移行作業は代行してもらえます。


さて、他にも多くの転職支援サービスはありますが、忙しいあなたを想定してざっと転職活動でやるべきことや使えるサービスを紹介しました。うまくwebサービスやその道のプロフェッショナルを使えば、忙しいあなたでも転職活動を乗りきれるのでは、とそんな気がしませんか。

転職エージェントの大手一覧

すぐに転職しないまでも、準備はできますね!


イヤな表現になるかもしれませんが、人間はオギャーと生まれた日から死に向かって“死にゆくための旅”を始めることになります。言い方はいくらもあって、死に行くためのカウントダウンが始まっている、みたいな表現もできますね。


死に際のベッドであなたはなんとつぶやいて逝くのでしょうか?

「あれをやっておけばよかった・・・」
「ああしておけばよかった・・・」

人生を後悔して死ぬのは、お互いなんとしても避けたいものですね。


とにもかくにも人生は有限です!

仕事が全てではありませんが、人生の多くの時間を費やす仕事。

思う存分やってみたいものですね!

必要があれば、どんどん転職という手段を検討しようではないですか!
(ポジティブに現状維持を選択するという手も、もちろんあります)

いや、すぐに転職しなくても

その準備だけでも始めておけばいい

のです。


一度、親からいただいた生命を燃やし尽くして、

最期に笑って

「ああ、たのしかった!」
「痛快だった!」

そして
「ありがとう!」

と叫びながら逝きたいものですね。

忙しく働いているあなたが、なぜ転職したいのですか?


ちなみに・・・

いま現在、忙しく働いているあなたがなぜ転職したいと思うようになったのでしょうか?


今の仕事や職場や人間関係も嫌いではないし

忙しいながらもそこそこ夜には同僚と飲みに出かけたり。


一般的に転職を望む理由としては、待遇への不満、人間関係、職場環境などなど

もしあなたが具体的なものを上げて下さい、と言われれば、上記のような理由になるのだと思います。



でも、それだけでしょうか?



ひょっとしたら「 焦り(あせり)」なのかもしれませんね。


忙しい中で毎日がものすごいスピードで過ぎていく。

「このままでいいのかな?」

「自分の可能性ってこんなもんなのかな?」

「自分の評価ってどうなの?市場価値ってどうなんだろう?」

「このまま、ここ(今の会社)で定年までいくのかな・・・?」




この不安や悩みは、人生は有限、せっかくいただいた人生なのだから・・・

という、これらのことを大切にしたいからこそ湧き上がってくるのかもしれませんね。


おまけに、そんな大事なことをじっくりと考える余裕も持てない忙しい毎日・・・。

また季節が過ぎ、新しい季節が始まろうとしている。



まったく「忙しい・・・」って、いったい何なんでしょうね?

やりたいことがあるのに、なかなか着手できないもどかしさ!


忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。

転職すべきタイミングとは?


「忙しい」って、何?どういうこと?を考える前に。


報酬(給料、待遇)って、どうやったらもらえるものなのか?


シンプルに置き換えれば


誰か(個人や組織)のお役に立って

「ありがとう!助かったよ!」の代わりに提供されるもの


ということができると思います。


営業さんであれば、よい提案や商品・サービスを提案・提供することで対価や感謝として支払いを受け業績が上がる、給料が上がる、報酬アップ!ということですね。

間接部門の、たとえば経理マンであれば、経理の仕事を継続的に漏れのないように勤めることで、その企業の会社として組織体の維持に貢献、たとえば納税につながって社会に貢献するということもありますし、会社の利益を明確にすることで会社が先行投資したりできるようになり、営業さんたちの活躍の場が更に広がる、といった流れがあると思います。



では「忙しい」というのはどういう状況か?

ズバリ!!!

あなたが忙しいということは

あなたが誰か(組織も含めて)の役に立っている


という可能性が高いですね。



そこの“できる”あなたへ!

忙しい今だからこそ、転職のタイミングかもしれませんよ!




転職すべきか?否か?


わたしは以前にヘッドハンターの仕事をしていたことがあります。
(今は転職エージェントと言ったり、人材コンサルタントと言ったりするんですね)


その頃に、まず声をかけたい人材の条件として

「忙しい人」

というのは、ほぼ絶対にはずせませんでした。



なぜなら、忙しい人というのは、現状で営業活動や組織に対して貢献度の高い人である可能性が高く、つまりは求人元の企業に紹介すると喜んでもらえる可能性が高いからです。


言い換えると「忙しい人」というのは、現時点で組織や営業活動において

貢献できるだけの“武器”を持っている人

ということになります。


ここでいう武器とは何か?

それは仕事のスキルだったり、ノウハウだったり、というもの。

もっと言えば、それによって会社の利益創出に貢献できるとか、新事業の立ち上げに貢献できるとか

間接部門であればたとえば組織の機能アップやコストダウンに貢献できるなどなど・・・


そう、転職するか、否かは別として

自分が誰かのために貢献できる“武器”を持っているのか???

この点はしっかりと把握しておいたほうが、職業人としては望ましいと思います。

言い換えれば、プロフェッショナルとしては当然のことといえます。


“武器”が強力であって競争力があれば、よし!

競争力が弱くても、まずは「弱い」ことをしっかり把握することが肝要。

わかってさえいれば、これを課題として直せばいいだけの話です。

若い人材であれば、求人元からは、この課題把握と改善のチカラを見られたりしますからね。



さて、自分の“武器”の把握と分析できたら・・・


おそらく、その“武器”と、今いるポジションや会社の方向性やビジョンなどとの

バランスの良い悪いが見えてくると思います。



バランスが悪くて、忙しい・・・ならば、ちょっと辛いですね。

もしあなたが、自分がきちんとした“武器”を持っている!
と自負できるのであれば


そのポジションが合っていなかったり、“武器”とは関連性の低い業務がキャパいっぱいに降りかかってきているかも知れません。


ならば転職するか!

という判断ができるようになると思います。


自分の“武器”が明確であれば

転職活動をすれさえすれば、引っ張ってくれる企業も出てきてくれそうな気がしますね。


忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。



その“武器”をより大きなステージで試してみるのもよし、です。
(サイズが小さくなっても下町ロケットみたいな世界もありますね!)

なぜならその“武器”によって、より多くの人に“お役立ち”できるからです。

ちょっとワクワクしませんか。



逆に、“武器”を持っておらず、忙しい・・・

ということであれば、もう少し細かい自己分析が必要かもしれませんね。


「忙しい・・・」ならば、どうする?

「忙しい・・・」ならば、どうする?

ということなんです。


本当にやりたいことがある。

それは自己のポジションの確認だったりするわけですね。

だからこそ「転職」という二文字が

常に頭の中をウロウロしている。



それができていない現状にすごくイライラさせられてる。

結果、今の仕事もちょっと雑な感じが・・・。

これでは本末転倒ですね。



繰り返しますが・・・

「忙しい・・・」ならば、どうする?

ということなんです。



転職しようとしている、していない、に関わらず、

「忙しい」を口癖にしている人には共通するポイントがあります。


全てを、こなそうとしています。

そして

全てを自分でやろうとしています。


あなたはスーパーマンですか?

胸に「S」と書いたシャツを着ているんでしょうか?


ちょっといやみったらしい書き方をしてすいません。

冷静に考えて、この世の中、自分でできないこととのほうが多くないですか?

いやできることであるとしても、限られた時間の中に

できることが大量に押し寄せたら、これは「できない」んです。


これをできると勘違いして、あっさり引き受けたりしている。


今は仕事について書きましたが、実はプライベートについても、同じことをしていたりする。

代わりのない、唯一無二の自分のことなのに。




「忙しくて転職活動ができない・・・」

ならば、どうする?




やりたいことがあるのなら、誰かに手伝ってもらえば?

日本人は小さい時から


自分のことは自分でやれ!

自分の勤めを果たせ!

人に迷惑をかけるな!


と言われて教育を受けてきています。


そして、まわりから指示されたもの全部に対して

この考え方で対処しようとします。

全てを自分のこととし、誰にも負担をかけずに、やり切ろうとする。

これが“仕事である”と勘違いしている。



一方、現在の世の中をみると・・・選択肢が溢れかえっています。

まず物事に際して、これらの選択肢を見極め、主体的に選びとる、

という行動がもとめられているのが現代の職業人。


膨大な選択肢を見極めるためには、専門的な情報も必要だし

専門的な経験も必要なんです。


ああ、またすぐ本屋さんに行って、自分でなんとかしようとする!

専門家に聞けば済むって話なんです。



自分のことは自分でやれ!

自分の勤めを果たせ!

人に迷惑をかけるな!


という考え方に従っていれば、自らの進むべき道を選びとることができますか?


忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。



サッカーに例えると、わかりやすいかもしれません。

格上のドリブラーが接近しつつある。

自分でなんとかしなきゃ!と飛び込むとどうなるか?

自分のいたところにスペースができてしまうだけ。

相手にとって格好のスペースができ上がるだけ。

また別のドリブラーがやってきた!飛び込む、かわされる!

また利用されたぁ〜。

っていうか、シュートして点取りたいよね・・・何やってんの?


忙しく動き回っている自分の姿が見えてきた!?



ではどうするか?

サッカーに例えれば、複数人数で協力すればいいだけ。

飛び込んでもいいけど、二の備え、三の備えを準備しつつ飛び込めばいい。

無理しなくても、そのドリブラーのひとつの選択肢を邪魔すればいいだけ。

かわされたとしても二の備え、三の備えの準備はできている。



一人で難局を乗り切ろうとする愚

そしてあなたよりも遥かに情報も知見も経験も持っている専門家を活用しない愚



他人に負担をかけず、自分一人でなんとかしようという考えは一見、美徳のように思えますが

あなたという唯一無二の存在と、その持てる“武器”の稼働率を下げるという

産んでくれた親御さんにも申し訳ない行為、社会における損失、といえるでしょう。




選択肢を選びとるのはあなた自身。

でもその前に選択肢を見極めましょう。

転職についても同じです。


繰り返しますが

ひとりで転職を成功に導けますか?

転職のためのよりよい情報は専門家ではない自分は得ることができない

転職の成功率を高めるには、自分の力のみでは不可能

ということを知るべきでしょう。

奥さんや子供など家族がいるのなら、なおさらです。



あなたはあなたのやりたいことに向かって真っ直ぐでいい。

でもそのための準備は怠らないよう。

それは、本屋さんで参考書を買い入れることではなく・・・。



さあ存分に専門家のサポートを受けて

あなたという唯一無二の存在と、その持てる“武器”が

最高に輝ける場所を探しに行こうじゃありませんか。


転職エージェントを使うという意味

主に人材紹介会社に所属する「転職エージェント」という、転職支援のサービスを行っている人たちが世の中には存在します。

この人達は「ヘッドハンター」とか「人材コンサルタント」といった肩書で呼ばれることもあります。


「エージェント=代理人」ということなんです。

転職エージェントとは、人材がほしい企業の代理人であり、転職希望者の代理人であるわけです。
※法的に代理しているという意味ではなく、立場を形容しているとお考え下さい。

各々の出会いを仲介し、要望等を調整し折り合いをつけてまとめる、そんな役割なんです。



忙しいから面接に行けない、といった嘆きが聞こえてきます。

これはきっと公募の求人に自ら履歴書等を直接送って応募する場合でしょう。

書類審査に通ったなら、手紙等で面接日時を指定する連絡が届くでしょう。

この段階では立場的に、こちらから時間の変更を申し出ることはできませんね。

この状況・・・まあ、求人元からの言いなりです。


大切な質問となりますが・・・

たとえ面接の日時に問題なく参加できたとしても、この状況・・・

果たしてよい転職はできそうでしょうか?

面接に出向いて初めて、先方の社内の様子や雰囲気を垣間見ること、これが良い転職に繋がるでしょうか?



全てとは言いませんが

転職エージェントに手伝ってもらうことで

大半のことは解決できる


と思いますよ!


忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。



現実には転職エージェントも人間なので

担当のエージェントさんとの相性が悪く・・・みたいなことはかなりの確率であると思いますが

遠慮なく「担当を変えてくれ!」とお願いすれば済む話です。



転職エージェントは求人元企業のニーズを把握しています。

更にアナタの人材としてのスペックと希望を把握して、求人元に推薦するわけです。

紙ベース、二次元ベースではちょっと実現しがたいプロセスですよね。


もし求人元企業がアナタのことに興味があれば、そしてアナタが忙しいのであれば

面接時間なんて、いくらでも調整が可能ですよね!


求人元企業も、無駄な面接をしたくないわけです。

また一旦採用した人材が活躍しない、といった状況は絶対に避けたいんですね。
(人材を使い捨てとみるようなブラック企業も存在するんでしょうけど)

これは企業としての損失ですし、採用担当者としての評価も下がるわけですから。


またアナタ自身が転職エージェントに支払う対価はゼロですが
(一部、有料サービスを提供している転職支援サービスもありますが、転職を一生のことと考えれば微々たる出費です)

求人元企業は転職エージェントに成功報酬を支払わなければならないのが一般的、支払った以上は、採用した後のアナタにたっぷり働いてもらわなければ立場がないわけです。


つまり

転職エージェントを挟むことによって

アナタの転職活動は丁寧に、丁寧に進められることになるんです。



アナタは、いまあなたが担当する仕事にクオリティ高くますます集中して下さい。

良い仕事ができればできるほど、ヤボ用は減っていくでしょう。

またあなたがやる必要のない仕事を“断る理由”が明確にできあがります。


その一方で同時並行で

人材紹介会社の転職エージェントを、あなたの「転職活動というミッション」の有能なコンサルタントとして活用すればいい

それだけです。



忙しいアナタを大歓迎してくれる転職エージェントはどこ?

忙しいアナタ、つまり誰かに貢献できる“武器”をしっかり持っているアナタを大歓迎してくれる人材紹介会社と転職エージェント達がいます。

かれらはアナタのことを“ハイスペックな人材”と呼び、評価し、歓迎してくれるでしょう。

よろこんでアナタの転職活動のサポートを買って出てくれるでしょう。


あなたの転職を成功に導くプロ集団がいます。あなたは転職エージェントのサイトで登録することから始めましょう。


礼節を欠くのは職業人として失格なのでNGなのはもちろんですが

あなたのやりたいことや希望を、少々わがまま気味にでもはっきりと伝えてみましょう。

転職エージェントはオーダーがはっきりすればするほど動きやすくなるものです。




転職エージェントは年間に数限りなくいろんな人材と出会っています。

また過去に転職をサポートしたやはり“忙しい”職業人達を頻繁に会って情報交換を行っています。

毎日、“転職のケーススタディ”を目の当たりにしているんです。

したがって、アナタが職業人としていまどのステージにいるのか、

あるいは市場価値は?といったことまである程度わかってしまうかもしれませんね。


有難いことに・・・

あなたの転職について、様々なアドバイスをしてくれると思います。

また時には・・・

やりたいことの方針や希望が、単なる思い込みか、わがままか、といった問題についても

的確に苦言を呈してくれるかもしれません。



下に、主な人材紹介会社をピックアップしてみていました。

よく耳にする社名もあれば、あまり聞かない社名もあるでしょう。

人材紹介会社は基本的に裏方、ということですね。

少なくとも言えることは“忙しい人材”は大歓迎だ、ということです。


人材紹介会社の利用の考え方としては

最初は複数の人材紹介会社に登録し、より多くの縁に出会うことをおすすめします。

時には同じ案件を紹介されることもあると思います。

言うまでもありませんが、そこはしっかり交通整理をしましょうね。

経験(仁義)のあるアナタなら当然理解してもらえると思いますが。

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

JAC│転職なら外資系・グローバル企業、海外転職に強いJACRecruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)
人材紹介会社としては“老舗”ブランドといえるJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)。
1988年設立、東証一部上場、売上規模では、リクルートエージェント、DODAに続き、業界3位の人材紹介会社。ただ、この会社については規模よりも質。
特にハイスペック人材へのニーズや外国語を必要とするグローバルな企業活動に関連する求人情報、豊富で、かつマネジメント層やスペシャリスト向けの求人情報を取り扱っている。
また人材へのサポート品質も充実、企業担当しつつ人材とのコンサルティングも行うという約500名のコンサルタントがいる。求人元への直結感が頼もしい。
一般的にはあまり知られていない企業ではあるが、取り扱う求人情報やハイスペック人材を扱うため当然秘匿性も高くなる。裏方ゆえの結果なのだろう。

>> JAC Recruitmentの詳細

BizReach(ビズリーチ)

転職・求人情報サイトのビズリーチ | 選ばれた人だけの会員制転職サイト「BizReach(ビズリーチ)」
BizReach(ビズリーチ)は人材紹介会社ではない。正確には会員制求人サイト。
ハイスペックな人材と、それを求める企業やヘッドハントの委託を受けているヘッドハンターたちとの関係づくりを仲介しているサイト。登録者には企業の人事部やヘッドハンターから直接スカウトが飛んで来る。
特徴的なのは転職希望者がフルスペックのサービスを受けるためには登録料が必要となる「有料サービス」であるということ。“お金を払ってでもいい”という覚悟のある人材が集まってきている。現在の登録者の内訳は明らかにハイスペック。40代以上の割合が半数以上を占め、平均年収もかなりアッパー、組織のマネジメント経験者の割合も多い。転職経験者も多く、ありきたりの求人情報では満足できない人も多くいると聞く。
無料登録のレベルでも職務経歴書が簡単に作れると評判の「レジュメビルダー」が使える。
で、BizReach(ビズリーチ)という転職サービスの魅力のひとつは・・・何と言っても代表取締役の南壮一郎氏の“人材”としての存在感。抽象的ではあるが、転職も仕事も“勝ち馬”に乗らないとダメ。転職活動を始めるにあたっては一度彼のプロフィールを見ておくことをおすすめする。

>> BizReach(ビズリーチ)の詳細

リクルートエージェント

新しい時代に活躍するエグゼクティブへ  | 転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

リクルートは日本の人材サービスの業界の中で最大手であり歴史も深く、老舗でもある。リクルートが日本の人材サービスの市場を作ってきたと言っても過言ではないだろう。そのリクルートの人材ビジネスの中核で、転職エージェントとして人材紹介を行っているのがリクルートエージェント。転職希望者や求職者がweb登録からスタートし自ら情報を選んで活動するリクナビNEXTとはポジションが異なる。
自分の可能性を広げたい、またあらゆる選択肢を網羅したい、というような場合には、何と言ってもこの最大手のリクルートを押さえておくほうが良いだろう。
非公開求人案件だけでもほぼ常時10万件を超えている。
上記の2社でハイスペック求人情報を押さえつつも、より幅の広い情報を得たり、また自分の市場価値を図るためにはリクルートエージェントの情報網やキャリアアドバイザーのサポートを存分に受けることをおすすめする。

>> リクルートエージェントの詳細

DODA(デューダ)

http://doda.jp/promo/bene/dlp01.html
DODA(デューダ)は人材サービス業界において屈指の存在感をもつ上場企業インテリジェンスが提供するサービス。売上規模はリクルートエージェントに次ぐポジションにある。
第二新卒からハイスペックまで、幅広い人材に対応できる総合力を持った会社。非公開求人案件はやはり10万件を上回っている。ハイスペックな人材に対しては、インテリジェンス エグゼクティブ サーチ(IES)およびインテリジェンス グローバルサーチ(IGS)のキャリアカウンセラーが更に手厚くサポートしてくれる。
DOADの特長としては、一般的な人材紹介機能はもちろんであるが、たとえば「年収査定サービス」「キャリアタイプ診断」といった自己の人材としての市場価値を客観的にはかるため機能が豊富。今すぐ転職!という人にもおすすめできるし、密かの自分の人材としての市場価値をはかりたい、ということであればぜひ使ってみたいサービス。

>> DODA(デューダ)の詳細

更新履歴