自分で転職先を探すのなら転職サイトがおすすめ!



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!




自分で探したいなら転職サイト

求人情報を探す方法で、特におすすめなのはインターネットを利用したものです。

最近はスマートフォンもかなり普及して、調べたいものをいつでもどこでも調べられるような時代になりました。そして、インターネットの情報は、新聞よりも早いです。いち早く最新の情報を手に入れることができますので、求人情報もインターネットを活用して情報を入手するといいでしょう。


インターネットを使用した求人情報の調べ方ですが、大きく分けて二つあります。

一つは転職サイトを利用する方法です。
転職サイトとは、求人情報が集まっているサイトのことです。イメージとしては、求人情報誌のインターネット版と言ったらわかりやすいでしょうか。いろいろな企業の求人情報を閲覧することができます。また、紙媒体の求人情報誌と違うのは、欲しい情報を一瞬にして検索できることでしょう。例えば、地域や職種、年収や雇用形態など、自分の希望する条件を設定すると、その情報だけがピックアップされて表示されます。ですので、紙媒体の求人情報誌のようにひとつひとつ見て探すような手間を省くことができます。

それから、転職サイトにあらかじめ条件などを登録をしておけば、該当する求人情報があるたびにメールで配信されてくるというサービスもあります。探す手間を省くことができるのと、最新情報を手に入れることができるので活用するといいですね。

求人情報も自ら探す攻めのスタイルで行きたい人には、転職サイトがおすすめです。


転職サイトならば、押さえるべきはここ!

転職サイトや転職エージェント、できれば複数利用しましょう。


なぜ複数なのか?
それは成功者がそうしているからです。
転職エージェントは何社登録すべきか?


先に言っておきますが・・・

転職サイトや転職エージェントの会員になると、求人情報が掲載されているメルマガや、求人元や中小の人材紹介会社からのスカウトや面談勧誘の連絡が大量に届きます。

これは覚悟しておいてくださいね。
(できれば普段使いのメールアドレスとは分けて登録したほうがいいかもしれません)

大切なことは

・情報は必要である、ということ

そして

・転職活動に一定の期限を設けましょう。
いつまでもダラダラやらずに、期間を区切って集中して情報処理と転職へのステップを粛々と進むこと。


複数の転職サイト、転職エージェントはどこを選ぶか。


以下のページでは転職エージェントについて書いておきましたが
転職エージェントは何社登録すべきか?

まずは業界最大手のリクルートグループの各サービスは押さえるようにしましょう


なぜならば・・・
リクルートの転職サービスの【リクナビNEXT】に掲載されている求人情報のうち
約9割はリクルートのみで得られる求人情報です。
逆の言い方をすると、その9割は他社の求人サイトや転職サービスを見ても掲載されていないのです。

https://next.rikunabi.com/


※非公開の求人案件が多数含まれます。
※求人掲載企業から応募のお誘いのスカウトが届きます。
※リクナビNEXTと提携している中小の人材紹介会社から、手持ちの案件への応募打診が届きます。
※これはぜひ!大人気の会員メニューの無料適性診断「グッドポイント診断」はかなりおすすめ。
リクルートの無料適性診断【グッドポイント診断】
https://next.rikunabi.com/goodpoint/



自分で転職先を探したいなら転職サイト関連ページ

自分のキャリアを生かしたいなら転職エージェント
自分のキャリアを生かしたいなら転職エージェント
ハイスペックな人材なら転職エージェント
ハイスペックの人材、経験豊富な人材なら転職エージェントへの登録や、ヘッドハンターとの接点を持つようにしましょう。求人情報を求めるというより、せっかくキャリアを積み上げているのだから、むしろ提案をどんどんもらうようにしましょう。