問題な転職理由とは



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!




問題な転職理由とは

実際に転職活動に行動を移す前に、まずは自分の転職を客観的に見てみる必要があります。今一度、自分が転職することを考え直してみましょう。 どうして転職を考えたのか、今一度おさらいをしてみます。中には、一時的な感情などの危険な理由ということもあるので、冷静になってみるのも必要です。 転職理由は、面接時にも聞かれることの多い項目です。その質問の答として、面接官が嫌う理由もあります。その一つに、人間関係があります。実際の面接では、人間関係がうまく行かずに辞めた、ということはストレートには言わないでしょう。ですが、新しい雇用先からしても人間関係がうまく行かずに辞めた、と聞くと、まず周りとの協調性がないのか、ということを疑われてしまいがちです。 また、やりたい仕事ができなくなった、やりたい仕事ができなかった、という理由も好ましくありません。これも、会社側からすると自分のしたい仕事しかできないのか、やりたくない仕事はおろそかになるのか、などというイメージを植え付けられやすいです。もし、やりたい仕事ができないのが理由で転職を考えている場合は、一度『自分はやりたい仕事を任せてもらえるように、努力をしたか』ということを問いかけてみましょう。もし、どんなに努力をしても難しい場合は、思い切って転職をしてみるのも手かもしれません。転職をしても、必ずしも自分がしたい仕事ばかりになることはないでしょう。他の仕事も器用にこなせれば、それだけ評価も上がりますので、オールマイティーに仕事ができるようにまずは努力をしてみるといいかもしれませんね。

問題な転職理由とは関連ページ

キャリアアッフが正しい選択なのか
キャリアアッフが正しい選択なのか
会社のせいなのか、自分のせいなのか
会社のせいなのか、自分のせいなのか
会社都合退職はイメーシが悪いのか
退職後の転職活動や求職活動をする場合に、退社理由として会社都合による退職はイメーシが悪い、という考え方もあるようです。ただし時代は大きく変わっています。ひとつアドバイスがあるとすれば、常に選択肢を複数用意しておくことです。
人間関係が理由でも問題ない
人間関係が理由でも問題ない
転職前の自分と転職後の自分を比較してみる
転職活動を始める前や転職すべきか迷っているのなら、転職前の自分と転職後の自分を比較・想像してみるとよいかもしれませんね。あとは適性診断を受けることもよいでしょう。まずはしっかり己(おのれ)自身をしることが出発点です。