転職前の自分と転職後の自分を比較・想像してみよう



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!




転職前の自分と転職後の自分を比較

転職活動を実際に始める前に、転職前の自分転職後の自分を想像してみるのもいいでしょう。

ただし、その前に自分自身をどれだけ知っているか


転職サイトや転職エージェントでは、検査とまでは行きませんが、適職や適性を探るためのヒントになる、無料とは言ってもかなり質の高いサービスが提供されています。

■リクナビNEXT
【グッドポイント診断】
https://next.rikunabi.com/goodpoint/

■DODA(デューダ)
【キャリアタイプ診断】
https://doda.jp/


typeの転職エージェントサービスではお悩みに応えるセミナーがいっぱい!
https://shoukai.type.jp/seminar/



転職先にもよりますが、転職をすると仕事の内容や業務は大きく変化します。特に、業界が変われば仕事は大きく変わります。

そこで、転職前の自分と、転職後の自分がどのように変わるか、仕事の内容もそうですが、休日などを含めたプライベートの時間まで自分の生活がどこまで変わるか、想像してみましょう。

また、仕事の内容に関しては、自分が転職することで望んでいるものと照らし合わせます。
今の職場では、仕事内容に不満があるでしょうから、その不満が転職先では解消されて、自分の望む仕事ができるのかどうか。その仕事をすることで、自分はどれだけスキルが身に付き、キャリアアップして、自分が会社のどんな存在になりたいか、までイメージできるといいですね。

頭の中で考えているだけでは、なかなか考えがまとまらないので、実際に紙などに書き出してみることをお勧めします

現状の自分と、転職後の自分、転職した後の将来の自分など、3つ程度にわけて書いてみるといいかもしれません。それが、容易にイメージができ、すらすらと書くことができればそれは転職はよい選択だと言うことです。

ただし、転職が目的ではありません。転職して、その後の自分を飛躍させることが、転職の目的なので転職後が本番です。しっかり努力することを忘れないようにしましょう。





無料で適性診断!
企業や人材紹介会社からスカウトが届く【リクナビNEXT】
その【リクナビNEXT】で最も人気のあるメニューがこれ

「グッドポイント診断」
https://next.rikunabi.com/goodpoint/
※さすが業界NO.1企業!という内容です。




転職前の自分と転職後の自分を比較してみる関連ページ

キャリアアッフが正しい選択なのか
キャリアアッフが正しい選択なのか
会社のせいなのか、自分のせいなのか
会社のせいなのか、自分のせいなのか
会社都合退職はイメーシが悪いのか
退職後の転職活動や求職活動をする場合に、退社理由として会社都合による退職はイメーシが悪い、という考え方もあるようです。ただし時代は大きく変わっています。ひとつアドバイスがあるとすれば、常に選択肢を複数用意しておくことです。
人間関係が理由でも問題ない
人間関係が理由でも問題ない
問題な転職理由とは
問題な転職理由とは