ハローワークを利用する



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!


忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。


ハローワークを利用する

転職の流れについて一通り見てみましたが、転職するのに一番労力をかけるところと言えば...やはり転職先を探すことでしょう。転職先の探し方も、いろいろあります。それぞれの特徴がありますので、実際にみていくことにしましょう。
まず、一番オーソドックスな探し方と言えば、ハローワークです。ハローワークは厚生労働省が運営する職業就職斡旋所です。ハローワークに登録をすると、ハローワークに寄せられている求人情報から、自分の希望するもを紹介してくれます。また、最近ではインターネットなどを利用して、自分でもハローワークのサイトから求人情報を探すことができます。ハローワークの担当と面接などをして、自分の今までの職歴や次の転職先の希望などを伝えると、該当するような求人があった場合に紹介をしてくれます。また、転職するにあたり、いろいろな相談ができるというのもハローワークならではのメリットです。
担当からは求人情報を紹介してくれる中、自分でも自ら求人情報を探せるというのはメリットですね。
それから、ハローワークに登録をしておくことで、万が一転職先がなかなか決まらず仕事がなくなってしまって無収入になったしまった場合、雇用保険を受けることもできるので、念のためにハローワークは訪れておいた方がいいかもしれません。また、次の転職先のために職業訓練というスキルアップを目的とした学校や講座を無料で受けることができる制度もあるので、こういったものを利用してもいいかもしれませんね。

ハローワークを利用する関連ページ

求人情報誌で探す
求人情報誌で探す
知人の紹介を頼って転職先を探すという方法は?
転職活動や求職活動で応募先企業の情報を知人に頼ったり、紹介してもらったり、また親戚に頼る場合も多々あると思います。この場合は、自分が骨を埋めるようなつもりで頑張れればいいのですが、もし合わなかったら・・・。
転職エージェントを利用する
転職エージェントを利用する
転職エージェントへの登録後は、すぐに転職しなくてもいいのか?
転職エージェントやキャリアコンサルタントといった人材紹介のサービスを使うにあたっては、人の手を借りるのですぐに転職しないといけないような気もしますが実際のところはどうなんでしょうか?
転職サイトを利用する
転職サイトを利用する
年収1,000万円以上の求人情報は、なぜネットで出まわらないのか?
年収1,000万円以上の求人情報は、なぜネットで出まわらないのか?わたしはビズリーチに登録して、ビズリーチの社長の南さんからメールをいただいて、その秘密を理解することができました。
その転職先企業の事業は成長しているのか?
転職先企業の探し方としては、やはり企業全体の成長度も大切ですし個別の事業やプロジェクトの状況なども確認してから応募したいものですね。できれば数値情報で確認したい・・・。
アクセンチュアへ転職したいなら
世界的なコンサルティング会社アクセンチュア。ビジネス社会で成功したいなら、誰もがそこで働くことを憧れる企業ですね。本日、キャリア採用の公募の連絡が届いています。生き馬の目を抜くような毎日でも自信があるのなら転職で挑戦してみるのもよいでしょう。