応募する



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!


忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。


応募する

いろいろな転職の情報を仕入れ、その中から『これだ!』というものが決まったら、今度はいざ応募をします。応募をするにあたり、応募書類を作成する必要があります。この応募書類が転職が成功するかどうかの、まずはじめの大きなハードルになります。たかが書類ですが、その書類で自分のすべてを伝えられるようにしっかり作成しましょう。
まず、応募書類に必ず必要なのは、志望動機や自己PRの文章です。ここが最大の転職先へのアプローチだと思ってもいいでしょう。ポイントは、簡潔にわかりやすくまとめること。自分のアピールポイントを書き出し、それを文章としてまとめてみましょう。具体的に自分の今までの経験などをアピールする書類は、職務経歴書です。職務経歴書は、いままでの仕事内容をすべて書けばいいというものではありません。これもやはり、伝わりやすいように書くことが基本です。書く内容としては、どんな会社で働いてきたか、そこでどんな仕事をしてきたのか、会社の業績に対して自分はどのような仕事をしてきたか、いろいろなプロジェクトやチームの中でのマネジメントの経験や、会社で表彰された経歴、仕事のために自分で勉強して取った資格などを書くことができます。また、今までの経験を自分なりに客観視し、自分のスキルの評価もまとめましょう。できること、知識などを記入します。それから、転職先での企業で自分がやりたいことや、転職先に対して自分のPRなども書きましょう。意気込みとして、プラスの評価をもらえることでしょう。

応募する関連ページ

転職活動ができない、とは?転職活動とは何をすること?
転職活動ができない、という考えの人も多いと思いますが、そもそも転職活動とは何をすることでしょうか?転職エージェントにうまく“外注(無料の!)”をすれば、意外にやることは少ないかもしれません。
職務経歴書はどうする?ビズリーチのレジュメビルダーの評判は?
転職活動において不可欠なものとして職務経歴書があります。履歴書以上に職務経歴書がものを言います。これをしっかり作り上げられるかどうかが、書類審査はもちろん、面接に際しても重要となります。ビズリーチではレジュメビルダーという自分の経歴の表現することを支援するツールが用意されています。その評判が気になりますね。
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書とは?
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書のポイントを紹介します。まあ当たり前といえば当たり前の項目なんですが自分をしっかりアピールできないなら転職はもちろん仕事の質も厳しいということになってしまうかも。
職務経歴書づくりを代行って?
転職活動において不可欠なものとして職務経歴書。企業社会を渡り歩くビジネスマンにとっては、ある意味、履歴書以上に重要な存在です。最近はこの職務経歴書を代行・代書してくれるサービスもあるようですね・・・。
退職準備、入社準備をはじめる
退職準備、入社準備をはじめる
転職についての計画を立てる
転職についての計画を立てる
転職の情報を集める
転職の情報を集める
面接を受ける
面接を受ける
顧問としての転職・再就職。シニア層や50代なら
最近はいろんな転職のスタイルが出てきています。会社には「顧問」という立場の人がかならず2〜3人は付いているものですが、この顧問という立場として転職する、というものです。顧問の場合は転職というよりも定年退職後の再就職という形もありますね。