ビズリーチのレジュメビルダーの評判。職務経歴書は?

 

 

えっと・・・
クリーニング取りに行けてます?

私も使ってますが、ここ↓ワイシャツは安いし、いろいろ便利ですよ!

クリーニングの宅配【リネット】
クリーニングの宅配「リネット」のメリット

うちは休日の私服も洗濯せずにリネット使ってます。
洗濯機って衣類が傷むでしょう?
だから最近は洗濯機使うのは下着とか部屋着ぐらいです。
リネットクオリティは伊勢丹三越とかが認めてますから。

「普段着にクリーニング使うのなんてゼイタクだ!」ですって?
いや、だから安いんですってw
https://www.lenet.jp/

 

 

職務経歴書はどうする?ビズリーチのレジュメビルダーの評判は?

ある程度の職歴があって書類や企画書作成の経験があれば、職務経歴書であったとしても、ひと通りのものは誰でも書けるのではないでしょうか。

ただし、こと職務経歴書については「書ければいい」というレベルのものではないですよね。

やはり最終目的としての、応募先企業にきちんと転職、入社できなければならない。

そのための過程として、職務経歴書は必要不可欠な存在です。

そこはきちんとした内容・見栄えを整えなければならないです。

希望ポジションによっては、英文で職務経歴書を作らなければならないこともあるでしょう。



ビズリーチの「レビュメビルダー(職務経歴書作成支援機能)」は、転職が初めてで、職務経歴書を書いたことがない人にとってはもちろん、何度も職務経歴書を書いている人にとっても助かるツールだと思います。

かなり充実しているので、評判は良いと思いますよ。


なぜならば・・・
まあ言ってみれば当然なんですが、「レビュメビルダー(職務経歴書作成支援機能)」といっても大層なものではなく、web上にフォーマットがあるだけのものなんですが、ビズリーチのフォーマットと、それぞれの項目の設定はバックボーンが違います。

書き方としては、項目とフォーマットがあるので、それらを埋めていくことになるんですが、これらの項目はビズリーチで既に転職に成功していった人たちのレジュメ(職務経歴書)のパターンを研究し、また求人元企業さんからよく要望がある(「ここをもっと詳しく!」)というポイントを反映して作られています。

また・・・
ビズリーチに登録してみるとわかりますが・・・
いろんなレジュメ(職務要約、職務経歴、スキル等)を空欄にしておくと
「ビズリーチで転職を実現された方のうち、??.?%が上記項目を入力されていました。」
みたいな文言が何回もでてきます。

自然とお尻を叩かれつつ、気が付くとレジュメ(職務要約、職務経歴、スキル等)が完成しているという・・・。

また書き込みながら、自分の来し方を考えたりして・・・

正直、焦りなんかが湧き出てきて、転職活動しっかり成功させたいな・・・みたいな気持ちにさせられるかもしれませんw



最初はメールアドレスさえ入力すれば簡単な登録で会員登録は済みます。

そしてすぐにレジュメビルダー(職務要約、職務経歴、スキル等の作成)の全容がわかると思います。


あ、ちなみに自分の書式で職務経歴書を作っている人の書類は、ビズリーチ側でweb上へのアップは代行してもらえます。
もちろん無料です。

けっきょくweb上にアップしないと、企業やヘッドハンターからの検索にヒットしませんからね。


(参考:https://www.bizreach.jp/







職務経歴書はどうする?ビズリーチのレジュメビルダーの評判は?関連ページ

転職活動ができない、とは?転職活動とは何をすること?
転職活動ができない、という考えの人も多いと思いますが、そもそも転職活動とは何をすることでしょうか?転職エージェントにうまく“外注(無料の!)”をすれば、意外にやることは少ないかもしれません。
応募する
企業や団体の中途採用、キャリア採用などの求人に応募する
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書とは?
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書のポイントを紹介します。まあ当たり前といえば当たり前の項目なんですが自分をしっかりアピールできないなら転職はもちろん仕事の質も厳しいということになってしまうかも。
職務経歴書づくりを代行って?
転職活動において不可欠なものとして職務経歴書。企業社会を渡り歩くビジネスマンにとっては、ある意味、履歴書以上に重要な存在です。最近はこの職務経歴書を代行・代書してくれるサービスもあるようですね・・・。
退職準備、入社準備をはじめる
退職準備、入社準備をはじめる
転職についての計画を立てる
転職についての計画を立てる
転職の情報を集める
転職の情報を集める
面接を受ける
面接を受ける
顧問としての転職・再就職。シニア層や50代なら
最近はいろんな転職のスタイルが出てきています。会社には「顧問」という立場の人がかならず2〜3人は付いているものですが、この顧問という立場として転職する、というものです。顧問の場合は転職というよりも定年退職後の再就職という形もありますね。