転職についての計画を立てる



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!




転職についての計画を立てる

実際に転職活動をしだす際、まずはいきなり行動に出ずにある程度の計画をたててから動くようにしましょう。おおよそ転職して実際に入社するまでの期間は、3〜4ヶ月をみてたてるとよいでしょう。
まず、計画を立てる前に、今一度転職する目的をもう一度おさらいします。なんのための転職なのか、という点を明確にしましょう。年収アップ、キャリアアップ、新しい分野の仕事にチャレンジする、休日などプライベートの時間の確保...など、転職理由はそれぞれあると思います。一番の目的をはっきりさせることで、ブレない転職活動をすることができます。目的が明確になると、会社選びや転職理由も同じくして明確になってきます。
その後、自分のキャリアの棚卸しをしたり、自分はどういう性格なのか、といった分析をします。自分の強み、今までの経験、実績など、転職をするにあたり有利になったり、転職先でもプラスになる要素を集めてみます。とにかく書き出してみることが重要です。
それから、転職の経験がある人や、友人知人などの意見を聞いてみることもよいでしょう。自分で考えていると、どうしても考えが主観的になってしまいます。客観的にみてもらうことで、また新しい見方も発見できるでしょう。
最後に重要なのは、資金計画です。転職するにあたり、やはり仕事の入れ替わりにはお給料が安定しません。思いのほか、転職活動に出費がかかることもありますので、慌てないようにある程度の蓄えは用意しておくといいですね。

転職についての計画を立てる関連ページ

転職活動ができない、とは?転職活動とは何をすること?
転職活動ができない、という考えの人も多いと思いますが、そもそも転職活動とは何をすることでしょうか?転職エージェントにうまく“外注(無料の!)”をすれば、意外にやることは少ないかもしれません。
応募する
企業や団体の中途採用、キャリア採用などの求人に応募する
職務経歴書はどうする?ビズリーチのレジュメビルダーの評判は?
転職活動において不可欠なものとして職務経歴書があります。履歴書以上に職務経歴書がものを言います。これをしっかり作り上げられるかどうかが、書類審査はもちろん、面接に際しても重要となります。ビズリーチではレジュメビルダーという自分の経歴の表現することを支援するツールが用意されています。その評判が気になりますね。
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書とは?
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書のポイントを紹介します。まあ当たり前といえば当たり前の項目なんですが自分をしっかりアピールできないなら転職はもちろん仕事の質も厳しいということになってしまうかも。
職務経歴書づくりを代行って?
転職活動において不可欠なものとして職務経歴書。企業社会を渡り歩くビジネスマンにとっては、ある意味、履歴書以上に重要な存在です。最近はこの職務経歴書を代行・代書してくれるサービスもあるようですね・・・。
退職準備、入社準備をはじめる
退職準備、入社準備をはじめる
転職の情報を集める
転職の情報を集める
面接を受ける
面接を受ける
顧問としての転職・再就職。シニア層や50代なら
最近はいろんな転職のスタイルが出てきています。会社には「顧問」という立場の人がかならず2〜3人は付いているものですが、この顧問という立場として転職する、というものです。顧問の場合は転職というよりも定年退職後の再就職という形もありますね。