面接を受ける



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!


忙しいハイスペックなアナタの転職を大歓迎する転職支援サービス各社を紹介しています。


面接を受ける

書類選考をクリアすると、次はいよいよ面接になります。面接は、誰でも緊張するものですよね...。緊張すると、いつのも力を発揮できなかったりもします。そのようなことがないように、あらかじめ準備をしっかりしておくことが、面接成功の鍵となります。ある程度、自分の中で面接時のイメージを働かせておいたり、問われる質問に対しての返答を準備しておくと、いざというときに自信を持って答えられます。準備をしっかりしておくことこそ、面接本番に緊張せずに自信を持って望める秘訣だと言えるでしょう。
では、そのためにどんな準備をしておいたらよいでしょうか。まずは、面接そのものの流れを把握しておくことが重要です。なにもわからない状態で臨むのは、誰でも恐ろしいですし不安になって余計に緊張してしまうでしょう。ある程度イメージをしておくことで、安心して望むことができます。おおよその流れは、5分前くらいに面接会場に入れるように到着します。身だしなみをしっかり整えて訪問しましょう。面接会場に通され、面接官に挨拶を交わしたあと、面接が始まります。面接内容は、書類選考をもとにした質問がされることが多いです。自分の自己紹介から、今の仕事のことについて聞かれます。自分をアピールするポイントではありますが、手短にまとめることがポイントです。わかりやすいように、短い文章を続けていくような感じに深堀して話すと相手もわかりやすいでしょう。それから、転職理由や志望動機も必ず聞かれる点です。ここで注意したいのは、本音を語りすぎて愚痴のようにならないようにすること。あくまで前向きととらえられるような話し方を心がけましょう。入社後の自分の理想についても問われます。これは重要なポイントですので、ハキハキとやる気を見せるような内容で返答をしましょう。それから、諸条件などの説明や質問などの時間になります。条件に関しての質問はしづらいでしょうが、自分のわがままととらえられない程度に、言葉を選んでするようにしましょう。

面接を受ける関連ページ

転職活動ができない、とは?転職活動とは何をすること?
転職活動ができない、という考えの人も多いと思いますが、そもそも転職活動とは何をすることでしょうか?転職エージェントにうまく“外注(無料の!)”をすれば、意外にやることは少ないかもしれません。
応募する
企業や団体の中途採用、キャリア採用などの求人に応募する
職務経歴書はどうする?ビズリーチのレジュメビルダーの評判は?
転職活動において不可欠なものとして職務経歴書があります。履歴書以上に職務経歴書がものを言います。これをしっかり作り上げられるかどうかが、書類審査はもちろん、面接に際しても重要となります。ビズリーチではレジュメビルダーという自分の経歴の表現することを支援するツールが用意されています。その評判が気になりますね。
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書とは?
転職を成功者の89.6%が書いている職務経歴書のポイントを紹介します。まあ当たり前といえば当たり前の項目なんですが自分をしっかりアピールできないなら転職はもちろん仕事の質も厳しいということになってしまうかも。
職務経歴書づくりを代行って?
転職活動において不可欠なものとして職務経歴書。企業社会を渡り歩くビジネスマンにとっては、ある意味、履歴書以上に重要な存在です。最近はこの職務経歴書を代行・代書してくれるサービスもあるようですね・・・。
退職準備、入社準備をはじめる
退職準備、入社準備をはじめる
転職についての計画を立てる
転職についての計画を立てる
転職の情報を集める
転職の情報を集める
顧問としての転職・再就職。シニア層や50代なら
最近はいろんな転職のスタイルが出てきています。会社には「顧問」という立場の人がかならず2〜3人は付いているものですが、この顧問という立場として転職する、というものです。顧問の場合は転職というよりも定年退職後の再就職という形もありますね。