転職エージェントとはどんな存在?



仕事のできる人って、
うまく“他人の手”を借りることができる!




転職エージェントとは?わかりやすい例としてリクルートのサービスの分類を紹介します。

転職エージェントとは何か?

 

という質問に対しては、わたしなりの意見も後掲しますが、ひょっとしたらこの説明の仕方が一番わかり易いかも、ということで書いてみたいと思います。

 

人材ビジネスのリーディングカンパニーと言えばリクルートさんであることは、日本人であればかなり高い認知率で知られていると思います。

 

そのリクルートさんがアルバイトや人材派遣、求人情報サービス、人材紹介(転職エージェント)といったビジネスを、どのように分類して展開しているのか、つまりはその分類の中で転職エージェントって何?という答えが出てくるのでは、と思ったわけです。

 

リクルートグループの傘下には以下のような会社があって、それぞれ担当の人材市場で活躍しています。

 

 

 

転職エージェントとは、あなたにとってどんな役割を果たしてくれるのか?

転職エージェントとは、人材紹介サービスを行っている会社のこと、もしくはその中で人材に対して転職をサポートするサービスを行う専門職のことを言います。
ちょっと豪腕というか、一匹狼的な響きもあるのですが「ヘッドハンター」という言葉も、転職エージェントに近い言葉です。

(定義はもっと正確なものもあると思います。イメージということでざっくり理解下さい。転職アドバイザーとかキャリアカウンセラーとか、いろんな肩書もありますね。)


転職エージェントは専門職と書きましたが、求人情報や人材を扱う仕事なので、コンプライアンスの遵守を求められる立場にあります。
常に企業の事業展開についての秘匿義務を負い、人材に対しても個人情報の保護に務めなければならない立場です。

コンプライアンスを守りながら、企業の求人ニーズに応える人材を紹介する、一方で、転職希望や求職中の人材の人たちを導いて、企業ニーズとのマッチングを図り、どちらもがより充実して業務を展開したり、仕事に従事することができる道筋を作る、という仕事を行っているわけです。

人材紹介サービス会社によっては、この企業対応と人材対応が組織的に別々になっているところもありますし、一体化して企業ニーズを理解しつつ、それにマッチした人材を常に探しているので、もしアナタがその企業のニーズにマッチした人材か否かは、会ってすぐに判別できるかもしれません。

こういう一人二役で対応する会社は、主に中小の人材紹介会社に多いのですが、JAC Recruitmentのような大手でも、こういたシステムを採用しているところもあります。

分業制のメリットもあるかと思いますが、JAC Recruitmentのような企業では、企業ニーズを常に掴んでいるので、求人がなくても「こういった経験とスキルのある人材がいるんですけど、あのプロジェクトのスタッフとして、いかがでしょうか?」という動きが可能になってきます。

求人元の企業からすれば、言ってみれば“人材採用コンサルタント”、あるいは“事業コンサルタント”に近いような動きも可能となっています。

あなたのスキルや経験がスーパーであればあるほど、こういった腕利きのエージェントの力を借りるべき、と言えるでしょう。




.