退職準備、入社準備をはじめる

退職準備、入社準備をはじめる

面接も無事に内定をもらい、最後の仕事は現職の退職をすることです。

退職することは、どんな職業でもそうですが、なかなか気持ちよくできるものではありませんね。
やはり、自分自身も言いにくいことですし、周りからの見られ方も気になるところです。
ですが、このハードルを越えないと、転職はできません。その中でもなるべく円満退職できるようにつとめましょう。

まず、内定をもらったら退職の意思を伝えます。
この時期的なものは、2ヶ月前くらいがよいでしょう。

1ヶ月前くらいから、退職日の調整や退職届の提出、仕事の引き継ぎなどを行います。
2週間前くらいになったら、関わっていた取引先などに挨拶に回ります。
1週間前になったら、取引先やお世話になった人への挨拶状を用意し、退職...といった流れがスムーズです。

一番重要なのは、退職の意思表示をする際です。
非常に繊細な部分なので、決しておろそかにならないようにします。

まず、退職のの意思表示をするタイミングです。
とりあえず、会社の繁忙期は避けるようにします。
それから期日も急だといけません。

おおよそ2ヶ月前くらいを目処に、直属の上司から相談をしましょう。
いきなり社長などに直接言ってはいけません。
また、この時点では同僚などには退職することを言わないようにします。
いくら口止めしておいても、噂が流れてしまうもの...
噂が立ってしまうとその後、退職まで働きにくくなることもあるので注意します。

退職に関しては、非常にナイーブですので、慎重に慎重に進めるようにしましょう。


転職・退職の準備、キレイ事では通じない

と、ここまでは、一般論。

現実はなかなか簡単に円満退社、というわけにもいきませんね。


たとえば直属の上司。

部下の営業マンが期中にひとり減るということは、期内の目標達成のために必要なはずの営業マンが一人減るわけですから、諸手を上げて快諾するわけがありません。

もしその上司が心の中では応援してくれているとしても、そこでヘラヘラしていたら、今度は社内で、自分自身が無能な管理職だ!とレッテルを貼られてしまうからです。
演技・パフォーマンスとしても、簡単には受け付けない姿勢を見せざるをえないんですね。
「ギリギリまで引き止めたんだけど・・・」というようにしておかなければ。

転職・退職の現場では、どうしても利害が衝突するわけです。
衝突せざるを得ない、というのが現実でしょう。

ですから、やるべきことは。

まずは
1.雇用者の立場としての、法令遵守。

2.社員としての社内規則の順守。
(法令違反の規則が入っているような場合もありますが・・・)

3.自分を育ててくれた会社に対しての誠実な姿勢
(法令順守しているのだから、と威張るのではなく、できるだけ誠実ベースで)


たとえ喧嘩別れのようになっても、
新しい会社に入社した後。

4.転職の挨拶など、丁寧にやっておきましょう。
(上記したように、表面的には激怒したようにパフォーマンスせざるを得ない立場の人もいるので。
整理がついた後は、利害も薄れて、あとは懐かしい戦友となります。
もちろん何らかの形で新しいビジネスが始まるかもしれませんので)


実際にあったケースですが
取引先は転職する営業マンを気に入っていて取引を続けたがっていて、でも新担当に引き継がれてしまうわけですが、あえて引き継がせる中で想定済みではあるのですが行き届かない状況になり、そこで取引停止。
その後、転職先で取引開始、という。

会社人というのは、それそれが説明(言い訳)できる状況を作りつつ、うまくやっていくことが肝要ですね。

上手な転職といのは、関係者それぞれに言い訳できる状況を作りつつ、次につなげていく、といことなんだと考えます。


参照:転職サポートサービスのデューダ「転職成功ガイド」より
DODA